大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

30Kに出場すれば…フルマラソン本番での自信につながります!

フルマラソンを完走、快走するためには、30km以降に訪れる疲労状態を疑似体験しておくことが重要。そこで行っておきたいのが30km走。しかし、1人で30km走を行うのは、走力のある人でも大変……。30Kシリーズは、信号のないコースで給水をとりながら走ることができるので、1人で行う自信のない人にはとくにオススメ!

特徴142kmを走り切る「脚」をつくる!
特徴1本格的なマラソンシーズンを前にした、10月の走り込みに最適です。10月後半~11月は水戸黄門漫遊マラソン、横浜マラソン、つくばマラソン、富士山マラソンなど、首都圏からの参加が多い大会が続きます。狙ったレースで結果を出すために、ぜひ30Kを走っておきましょう!
特徴2目標とするレースペースをつかむ!
特徴2フルマラソンの目標タイムに応じたペースメーカーが、皆さんと一緒に走ります。フルマラソン3時間以内~5時間以内完走まで、15分刻みの設定ペースで先導する彼らについて走れば、あなたも無理なく完走できるはず。ペース感覚の養成にも最適です。
※4時間45分以内完走のペース設定はありません。
特徴330kmでは足りない! という方は「30K+5K」がオススメ
35km以降のペースダウンを克服したい、30kmでは物足りない、という方のために、新種目「30K+5K」をご用意しました。より長く走って鍛えたいなら、35kmに挑戦してみませんか?
※ペースメーカーはフル4時間以内までとなります。
※35kmを続けて走る種目です。(途中休憩なし)

協賛

  • 味の素
  • McDavid
  • PIP SPORTS(ピップスポーツ)

後援

  • 葛飾区
PAGETOP
MENU