大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

マラソンの1カ月前、30km走は必須のトレーニング。
京都マラソン、姫路城マラソン、泉州国際市民マラソンをはじめとする冬のマラソンシーズンで「自己ベスト更新」「初完走」を狙う人にとって本番へ向けた「脚づくり」とシミュレーションにぴったり!

特徴1目標とするレースペースをつかむ!
tokucho01当日は、フルマラソンの目標タイムに応じたペースメーカーが、3時間00分以内/3時間30分以内/4時間以内/4時間30分以内/5時間以内の設定ペースで走ります。
自分の目標タイムに合わせてレースペースを体験できます。
また、5kmの地点計測を行います。
ランナーズアップデートも実施予定のため、ゴール後すぐに自分のタイムが確認できます。
特徴242kmを走り切る「脚」をつくる!
tokucho0130km走はマラソン前に一度は行っておきたいトレーニング。
同じ目標を持つランナーと一緒に走ることでモチベーションもアップ! 30kmの「壁」を超えるための脚づくりに最適です。
特徴3充実のランナーサービス!
1kmごとの距離表示はもちろん、約3kmごとにエイドステーションを設けてあります。
ドリンク類のほか、フルーツをはじめとするフードサービス(無料)でランナーをサポートします。

協賛

協力

PAGETOP
MENU