大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

マラソン参加1ヶ月前のトレーニングとして定着。大会本番へ向けた「脚づくり」とレースシュミレーションには必須のトレーニング。

特徴1目標の大会に合わせた走りこみ!
feature_img_01

2月初旬~中旬の大会をターゲットに走りこみをするのに最適なタイミングです。
30km前後に訪れる疲労状態を事前に体験しておくことが重要です。

ハーフマラソン参加の方は、直前のスピードトレーニングで10kmをお勧めします。

特徴2目標タイムに応じたグループでペース感覚を養う!
feature_img_02

フルマラソンの目標タイムに応じてペースアドバイザーが3時間以内、3時間30分以内、4時間以内、4時間30分以内5時間以内の設定(予定)で走行しますので、目標とするタイムを想定してペース感覚を養うことが出来ます。

特徴3タイミングに合ったサプリメントの提供
スタート前、トレーニング中、フィニッシュ後に合ったサプリメントを提供いたします。
大会を想定したエネルギーの補給が可能です。
特徴4アフターレースは会場である国営昭和記念公園で楽しめる
自然豊かな広大な公園内には、みんなの原っぱや水鳥の池など自然を満喫できるエリアやレンタサイクル、バーベキューなどみんなで楽しめる施設も充実しています。お子様連れの方々には子供の森がお勧めです。

※国営昭和記念公園の詳細はこちらをチェック

主催

  • 一般財団法人アールビーズスポーツ財団

協賛

  • 「アミノバイタル」│味の素株式会社
  • エプソンWristableGPS
  • ゼビオ
PAGETOP
MENU