大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

マラソンの1カ月前、30km走は必須のトレーニング。 秋のマラソンシーズンで「自己ベスト更新」「初完走」を狙う人にとって本番へ向けた「脚づくり」とシミュレーションにぴったり!

特徴1目標とするレースペースをつかむ!
大会の特徴1フルマラソン3時間~5時間30分以内完走のペースで刻むペースメーカーを配置するので、目標とするレースペースを体験できます。
ペースメーカーは、フルマラソン3時間、3時間30分、4時間、4時間30分、5時間、5時間30分、と30分刻みで設定します。
特徴2マラソンの「脚づくり」に最適!
大会の特徴2フルマラソンを目標タイム通りに走るには、目標大会1ヶ月半前から1ヶ月前の30km走は効果的なトレーニング。フルマラソンで言われる「30kmの壁」を破るための、30km以降の「粘れる脚」とフルマラソンはきつい、つらいというネガティブな思いを払拭する「折れない心」を手に入れましょう!
特徴3コースは広々とした1周2.5kmの周回コース
大会の特徴3コースは緑豊かな熊本県民総合運動公園。1周2.5kmコースは飽きやすいと思うかもしれませんが、適度なアップダウンもあり、ペースメーカーについてペースを意識してすることで本番レースの良いシミュレーションに。1周毎にスタジアムのトラックを走るのも気分転換になります。
特徴4雨の日でも安心! 会場は「えがお健康スタジアム」
大会の特徴3メイン会場は、サッカーJ2のロアッソ熊本のホームタウンでもありフィールドの芝生がまぶしい収容人数32,000人の「えがお健康スタジアム」。全国でも屈指の陸上競技場です。もし大会当日雨になっても、更衣室は屋内に設置また屋根付きスタジアムなのでスタート前、フィニッシュ後も安心です。

協賛

PAGETOP
MENU