大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

フルマラソンを目標とするランナーにとって、30km走は必須のトレーニング。
2月、3月の春のマラソンシーズンで「自己ベスト更新」、「初完走」を狙う人のための「脚づくり」と「レースペース体得」を目的とした大会です!

特徴1フラットコースで目標レースペースを体得しよう!
tokucho01「加古川みなもロード」は走りやすいフラットコース。片道5kmを3往復するコース設定で、ペース管理しやすいメリットがあります。
フルマラソンで目標3時間(1km4分15秒)~5時間以内(1km7分)まで種類豊富なペースメーカーを配置するので、目標レースのペース感覚を体験できます。
本番を想定したレースシミュレーションで、目標達成をぐっと引き寄せましょう!
特徴242kmを走り切る「脚」は30km走でつくる!
tokucho022月11日姫路城、2月18日京都、泉州国際、3月4日篠山ABCなどのフルマラソンを目標にした、1月の走り込みに最適です。なかなか1人では取り組めない
30km走を「兵庫・加古川30K」で体験しておきましょう。フルマラソン目標ペースでの余裕度、30km完走後の脚の疲労度など、30~50日前の時期に
経験しておくことで、トレーニングの修正ポイントや課題がきっと見つかります!
特徴3参加賞はロングスリーブTシャツ!
冬から春にかけてとっても重宝する、速乾素材のオリジナルロングスリーブシャツがもらえます。ぜひトレーニングやレース出場時にご利用ください!

協賛

協力

PAGETOP
MENU