大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

30km走でマラソンを「走りきる」脚をつくる!

東京、大阪、京都、神戸をはじめとする主要都市でのマラソン大会開催を皮切りに、北九州や福岡、横浜など全国各地でフルマラソンの大会が誕生しています。そのマラソンへ向けて有効なトレーニングが30k走。各主要大会の約1カ月前に30kmレースを開催することで、全国のマラソンランナーに本番へ向けたシミュレーションと脚づくりの場を提供します(年間5大会のシリーズ開催)。

大会の特徴

特徴1レースペースを確認できる
作.AC北海道
4:15/kmと4:30/km~7:00/kmまで30秒ごとにペースメーカーを設置。目標のレースペースが確認できます。旭川30Kでは「作.AC北海道」の方々にペースメイクしていただきます。
特徴2マラソンの後半に効く
30km走はマラソン前に一度は行っておきたいトレーニング。
マラソン1か月前に開催されるこの大会は「脚づくり」に最適。
制限時間も4時間と緩やかです。
特徴3充実のランナーサービス
ドリンク類の他、フルーツをはじめするフードサービスで選手をサポートします。
特徴4健康増進
地域住民へのマラソン普及と健康増進を目的とします。

2017 旭川30K 大会レポ

  • ペースメーカーのいる大会に初参加。気温30度を超える猛暑の中スタート。ペーサーさんは一定の速さで走ることはもとより、いろいろと的確な指示を出してくれた。
  • エイドの水が氷で冷たかったこと、水・スポドリが適量備わっていたこと、熱中症対策に水かけしてくれるポイントが沢山あって本当に助かりました。
  • ペースメーカーの方がいる大会に初めて参加しました。親切なペースメーカーさんが木陰が近づいたら「少しリラックスしましょう」と声をかけたり、水を頭からかけていただいたりと、大変ありがたかったです。
  • 何もかもスムーズで給水ほか一人当たりのサポートも手厚かった。コースもモエレ沼公園より走りやすい。ただ参加者が少ない分、ぺーサーから遅れて一人旅になったときはつらいと思う。今回のような真夏日・猛暑日のような状況ではいつもより遅いぺーサーに付く勇気も必要かも。
  • 会場は駅からすぐでとても便利でした。ただ暑く木陰が少なかったため、給水しても体力的に厳しかったです。スタッフの皆さんは親切でその点では気持ちよく走らせていただきました。
  • コースも思ったより良かったです。ボランティアの方々がすごく頑張ってくださり助かりました。旭川駅の裏が会場なんて、それもすごいですよね。

共催

協賛

  • PAGETOP
    MENU