2018年度はここが違う!? #1.コースが広く、走りやすくなる!

愛知30Kの会場は前回と同じく大高緑地です。
今回、歩道だった箇所が車道(片面)に変わり、コースが広くなります。
貸切ではないので、一般来場者への配慮はもちろん必要ですが、
コースが広くなる分、お互いのストレスやぶつかるリスクは軽減できて、走りやすくなります!
 
 
★前回大会から改善したこと・新しく行うことを不定期で発信していきます。
 限られた範囲ではございますが、少しでも良い大会に出来るように精進してまいります。